大井川鉄道のトーマスをバーティーで追いかけるツアーが最高だった

大井川を走るリアルトーマス 観光スポット
大井川を走るリアルトーマス
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

8月に大井川鉄道のリアルトーマスとトビーに乗って来ましたが、バスのバーティーからトーマスを見る方が楽しかったりして?と思っていました。

そして、今回チケットを入手して乗る事が出来ました。

結果、大満足のツアーでした。

実際に乗って撮った動画もありますのでご覧になってください。

バーティーのチケットについて

前回の帰りに受付で聞いたら「バーティーはとても人気で、ネット予約でしか乗れないんです」との事。

しかし、秋は夏休みと比べてチケットが取りやすそうですよ。

2023年は12月まで運行予定ですので、おすすめです!

予約は大鉄観光が受け付けていて、午前と午後2回走るトーマスとセットになっています。

午前はトーマスを追いかけるバーティーに乗って、午後はトーマスに乗るAプランと、

午前はトーマスに乗って、午後はバーティーでトーマスを追いかけるBプラン。


【A・Bプラン予約はこちら↓】

https://travel.daitetsu-adv.co.jp/ftbbta-ftbbtb2023/


開催日は少ないですが、午前のバーティーのみ乗車のCプランと、

午後のバーティーのみ乗車のDプランがあります。


【C・Dプラン予約はこちら↓】

https://travel.daitetsu-adv.co.jp/ftbbtc-ftbbtd/


「今回はバーティーからトーマスを見てみたい」という目的がありましたし、午後から千葉まで帰らなければならなかったので、Cプランに参加してきました。


【8月にトーマスとトビーに乗った時の記事です↓】

大井川鉄道のトーマスとトビーに乗るには

新金谷駅の様子

新金谷駅は東海道本線 金谷駅から大井川鉄道で1駅の所にあって、トーマスの発着駅です。

ツアーの集合や当日券の販売などもここになります。

ツアーの参加者は無料で駐車できます。

転車台のトーマス
転車台のトーマス

駅ではトーマスが連結したり出発準備に行ったり来たりしている姿を見る事ができます。

走る区間は新金谷から家山まで行って、折り返して新金谷に帰って来ます。

帰ってから午後の出発の間には転車台で回転するトーマスも見る事ができます。

普通に電車や機関車が好きな人も楽しめるのではないでしょうか。

ふみきり

新金谷駅には500円で入れる有料エリアがあって、整備工場や消防車のフリンなどあります。

前回のトーマスとトビーのツアーではこの入場が含まれていましたが、バーティーのみのツアーで格安プランのためついていませんでした。

しかし、待ち時間に良い写真を撮るためには500払って何度も入ったり出たりしちゃいます。

ボタンを押すとふみきりが動くという一番奥の場所、穴場です。小さな子供達がすごく喜んでました。

子供が小さかった頃を思い出します。

バーティー準備中

転車台の所で準備中のバーティーですが、クラクションを鳴らしながらツアーの集合場所に出て来るとツアー開始です。

バーティーのツアーの様子

出発間際のトーマス

トーマスがホームに入りお客様を乗せていますが、バーティーは「一足先に行ってるよ」とか言って出発します。

トーマスとバーティーのきょうそう

そういえば「トーマスとバーティーのきょうそう」というお話がありましたよね。

このお話をリアルに実現させたのがこのツアーなのです。

バーティーの車内

バーティーの車内はトーマスとなかまたちだらけ。

テンション上がります。

撮影スポット

各駅の撮影スポットがずらりと紹介されていました。

実際に自然の中を走っている姿はテレビで見るトーマスの世界のようです。

トーマスと踏み切り

5分程走ると「あっトーマスが少し見えて来ました」というガイドさんの声。

「え?どこどこ?」という感じで見えません。

バーティーがスピードアップすると一番後ろの車両が見えて来ました。

「1号車のお客様がこっちに手を振ってますね!次は2号車、気づいてくれるかな?」というように、並走しながら追い越して行きます。

トーマスに乗った時は、一瞬バーティーが見えてカメラを構えた時にはもう見えなかったという感じでした。

こんなに並走してたんですね。

これを知ってて次にトーマスに乗れば、バーティーを発見しやすいですね。

そして、先頭のトーマスに追いつきました。

沿線でカメラを構えて待ち構えるのもいいですが、並走すると力強く走るトーマスの姿が良く見えて、「こういう光景は見た事ないかも」と思いました。

大井川とトーマス

静岡ならではのお茶畑や大井川沿いを走るトーマスと、少し静岡なまりのガイドさんのトークが最高です。

バスは信号で止まりトーマスに置いて行かれる場面があったのですが、「これは一大事、トーマスに置いて行かれた、追いつけるかな?がんばれバーティー!」などと、マイペースで走るトーマスに対して、トーマスを探しながら走るバーティーは楽しいです。

トーマス帰り道

本来は終点の千頭駅まで行くのですが、途中区間が台風で不通となっているため、真ん中あたりにある家山駅で折り返して新金谷駅に戻ります。

千頭にジェームスやパーシーがいたり、井川線をトビーが走っていて楽しいのですが、家山で折り返しになる事で、行きに右に見えたトーマスが帰りは左に見えるなど、これはこれで良いのかもしれませんね。

家山と千頭は代行バスでの移動になるのですが、本数が少なかったりして千頭までは行きにくくなっていますので、1日も早く復旧する事を祈ってます。

トーマスは帰りはバックで走ります。

私がトーマスに乗った時には帰りはお弁当タイムでしたので、バーティーが近くを走っている事に気づきませんでした。

バーティーからだとたっぷりトーマスを見る事ができますので、バーティーに乗ってからトーマスに乗れば最高だと思います。

山の上から

こんな所からもバーティーは見てるのです。

トーマスがポッポッっと煙を出す姿って愛嬌があって和みますね。

口笛でも吹きながら走ってるんじゃないか?って思えたりします。

駅名で検索!駅そばのホテル検索

バーティーの動画

バーティーツアーの動画を撮りました。

バスガイドさんの解説も良いです。

バーティーに乗ってトーマスの走る姿を見るツアー

新金谷駅の場所

静岡県島田市金谷東2丁目
https://daitetsu.jp/access

【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

まとめ

大鉄観光では宿泊付きのプランなど、大井川鉄道をいろんな形で楽しめるツアーが用意されています。

次は静岡駅から2階建てバスのバルジ―に乗って新金谷駅に来るプランに参加したいと思っています。

大鉄観光のツアー一覧↓

https://travel.daitetsu-adv.co.jp/lp/thomas/

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメント

Optimized with PageSpeed Ninja
タイトルとURLをコピーしました